スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元日のGHMD考察編





世の中は実に不思議な事が多い。


自分が毎日見に行かせて頂いているブログでGHMDの攻略を詳細に記事にしてくれている人がいて、大尊敬。


GHMDってのは攻略の難易度がそこそこ高くて、報酬もそれなりに良い。


ストーリーもわかりやすくて、凄い好きやね。


自分はETの次くらいにこのGHMDが好きや。











さて、今回はそのGHMDを自分なりに考察してみることとする。




それでは不思議のワールドGHMDへGO!!










まずはこちらを見て欲しい。


1319.jpg



このアコライト志望生ドムン氏に対してのプレイヤーの選択肢を見て欲しい。



明らかに一つの選択肢しか無いやろ?



これは恐ろしいよな。


だってさ、なんのアドバイスにもなってへん「しっかりして!」っていう非人道的なエールという選択しかできひんねん。


ちなみに自分は考察家としての本能からか、Cancelを押したんや。



また最初から説明し始めやがったよ、ドムン氏が!!!!!



このドムン氏、アコライトになりたいとのことで、修行中の今売りだし中の・・



おいおい!アコライトにもなってへんってことはお前ノービスかよ!!!!



逆にすげえな!!!どうやって生き残ったんや!!!!



その後、プレイヤーは 落ちているメイスを渡すだけ というふざけた対応でドムン氏を流す。


これは実は歴史に干渉し過ぎる事のできひん、このストーリー独特の仕様となってる。


こう考えると辻褄が合うな。













続いてこちらを見て欲しい。


1320.jpg


いかにかの高名なブロガー様でもここまではけえへんやろ。


ドムン殿の奥に進んだ先にあるお墓や。


これは誰もが気付く事の無いお墓。


なんでこんなところにお墓があるんやろう。


それは王の妾の墓と考えると辻褄が合うのではなかろうか。


公に葬ることもできず、かといって自らの愛した者の墓を身近に・・。


そういうことを考えると、GHMDの裏の事情が徐々に見えてくるのでは無かろうか。












続いてこちらを見て欲しい。


1321.jpg


何気ない床に書かれている絵。戦いのイメージを描いたものだということがわかる。


この絵を見てまずわかることがかなりある。


まずわかりやすいのが左の人。こいつは女性である可能性が高い。


つまりこの時代は男性も女性も等しく戦っていたことが想像できる。


なるほど、このGHMDのストーリーと矛盾点が無い。


そして、この時代の戦う衣装はちょっとユニークや。


左の奴はピエロみたいな帽子、右の奴に至ってはちょんまげ。


これは戦いの際の防具を軽視している節がある。そういう文化なんか。


ただ、これも冒頭のカーリッツバーグや深淵の騎士の元の姿を見れば納得や。


なるほど、矛盾点が無いな。


そして、この絵が何を言いたいのかをはっきりと感じることができたのは手の動き。


右の男が左利き、そして、左の女が盾を左手で左に向かって防御している。


どうなるかわかるよな。



向き全然ちゃいますやん!!!!!!


つまり、エドガ相手に土服を着るようなもんや。


そういう風にはなるなよっていう戒めを表したもんやと自分はわかった。


そして、左の女の右手が自分の頬を殴っているようにしか見えへんのは自分がまだまだ未熟な点であることも追記しておく。










続いてこちらを見て欲しい。


1322.jpg


わかってると思うけど、彼がこのダンジョンの不思議の固まりや。


何が不思議って、この男右手でダイイングメッセージを書こうとしてる。


何を書こうとしてるかが問題なんやない。



右手で書いてるよな!?



視点を回転してみよう。


1323.jpg


おいいいいいいい!!!!!!!!


さっきは右手で書いてたのに左手で書いてるやないかあああああ!!!





これはこの死体が、只の死体や無いってことや。


只の死体や無いって事がわかった。



正体はわからへん。









続いてこちらを見て欲しい。


1324.jpg


この右の絵。


この絵は贋作や。


なんで贋作かっていうと別の部屋に全く同じ絵があったからや。


写真やと何枚も同じものがあるんかもしらへん。


ただ、この時代、科学の程度を見るに、右の絵はそうとしか思われへん。


いや、仮にそうじゃ無いと言う人がおるんかもしらへんけど、それはそれでええよ。



自分はこのSSを消化したいだけやから!!!!!











続いてこちらを見て欲しい。

1325.jpg


まあ、見てわかるよな!?


この城の人たちが何故こんなに大量のレモンが必要なんか。




牛タン好きやからや!




なるほど、ここまで読める自分の推理力がちょっと怖くなってきた。


けど、牛タンが好きっていう兵士がいっぱいいたって思うとちょっと人間味溢れるよな。












続いてこちらを見て欲しい。


1326.jpg


なんでなん!?


なんで上と下のボイラーを一直線の管で繋がへんの!?


一回ほんのちょっとだけ曲げるってめっちゃ効率悪くない!?




まあそれもこの時代の科学力を計る為の材料となる。


要は一直線に作るだけの建築家がおらへんかったということや。


なるほどね。


自分の推理力にエンジンが掛かってきたわ。









続いてこちらを見て欲しい。


1327.jpg



この鍛冶屋デストロイヤーさん、相当な手練やという事は皆さんご存じの通り。


1328.jpg


話掛けるとこのようにハンマーフォールをやってくる。



1329.jpg


会話をキャンセルして話しかけると何度も何度もハンマーフォールをやってくる。




結論=鍛冶屋デストロイヤーのSPは無限。







1330.jpg


こいつはそういう役回りなだけで、実はプレイヤーの助けなんて全然必要としてへんくらいに強い。


かと言って悪い奴にも見えへん。


これは第三国である国の存在が伺える。


そう考えると辻褄が合う。


そう考えんでも他にいくらでも考えようはある。


ただ一つ言える事がある。




お腹を冷やすんじゃねえよ!!!








続いてこちらを見て欲しい。


1331.jpg


これは自分自身でも何を思ってSSを撮ったのかわからない代物や。


後で何か書こうと思って取っておいたんやろう。


どうしても思いだされへん。



ペコペコのヘアバンドかよ!!!!











続いてこちらを見て欲しい。


1332.jpg


こいつの名はゴリアテ。


これはGHMDの本編には一切関わりの無い部屋。


そういう部屋にまで調査しないと自分の考察魂を止めることはできひん。


ちなみにゴリアテの両手は繋がっているので肩こりが酷い。




よし、ここはこんなんで勘弁してくれるか?









続いてこちらを見て欲しい。


1333.jpg



目の前まで来れるんかい!!!!!


裏から回って細道抜けたら来てしもたわ!!!!!





続いてこちらを見て欲しい。


1334.jpg


1335.jpg


中央の広間の正面に真ん中で分かれて、7つずつ旗が並んでる。


でも、旗の並びが若干違うよな。


ここから想像するに、この城の内情が窺い知れる。


王に従う者、そして、反する派閥。


少なくとも二つの派閥がどちらかが一方的に強いということは無さそうや。


というのは旗の並びの中でも同じものもあれば、全く違ったり、位置だけが違うものもある。


少なくとも王以外の派閥にも有能な人材がいたという証。


それが今回のアムダライスである可能性は高い。


そう考えると辻褄が合うかも知らんし、合わんかも知らん。






続いてこちらを見て欲しい。


1336.jpg



剣が飾ってあるよな。


剣の為だけに相当な豪華な造り。


これはよっぽどの聖剣エクスカリバーやと想像する。


あ、エクスカリバー言うてもうた。


これはよっぽどの聖剣か魔剣か、なんし名剣に違い無い。






おいおい!!!!!


右にさっきの旗が並んでるぞ!!!!!!





これで他の国からの派遣者がここを使っていた事が判明。


さっきの旗の群の中にも両方入ってたから同盟国。














続いてこちらを見て欲しい。


1337.jpg



2階へ続く階段。


ここへ立つには魅惑の魔眼を倒す前という制約がある。


ここに立ちたい!という人は気を付けておくように。







さて、続いて2階の考察へと行こうか。
























































いつまでやっとんねん!!!!!


考察言うて誰の役にも立たへんやないか!!!!!!


え?今からまだ続くんすか?って思われてるやないか!!!!!


もう、えええええええええええわ!!!!!!!!!






んじゃ最後ね!!!

1338.jpg


噴水ブワーって来た。


1339.jpg



これ8人がけのテーブルやど!
































































以上!元日のGHMDの考察を完了とする!!



今回の教訓。

「後半の失速感半端無いわ!!!!」


このブログがET攻略ブログに1歩近づいたな。








 

テーマ : ラグナロクオンライン
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あけましておめでとうございます。

そこまで考えてGHMD消化したことなかったですよ。。
正月早々、笑わせていただきました。

ノービスに使えるかどうか別として、渡したメイスはミョルニールクラスの神器ですよきっと。
でもあの人達が生き残れたかどうかは、わからないんですよね。。。

噴水後の円卓のSSがあるということは、あっさりとクリアを日課とされている訳ですね!!
ソロだとなかなかの稼ぎになりそうな感じがします。

先日のコメントでものすごく悩んだ理由はここで来年もお願いしますって書いて、31日の
分のブログが上がってしまうとなんか恥ずかしいなと思っただけです(笑)

今年もよろしくお願いいたします。

No title

SSから分かる事実を述べさせてもらうと、6枚目の絵画、右側は明らかに

ジャン=フランソワ・ミレーの絵画「落穂拾い」であり、書かれたのは1857年であると言う事。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%90%BD%E7%A9%82%E6%8B%BE%E3%81%84_(%E7%B5%B5%E7%94%BB)

現在はパリにあるオルセー美術館が所蔵している。

つまり、これから導き出される事実は2つ、GHMDでの出来事は少なくとも1857年以降の出来事であると言う点

が1つ。もう1つは昨日オレが喰った卵は明らかに



鍛冶屋デストロイヤー、この女の子孫が後にプロンテラと言う都市で鍛冶屋を開業するとは誰もが想像でき……たかなぁ?

Re: No title

efiniさん、あけましておめでとうございます!

正月に何故この記事を上げようと思ったのかが、自分自身未だにわかっていませんw
(普通挨拶とかやろとw)

なるほど、efiniさんの推理ではあれがミョルニールやったと。
そう考えるとすげー心高ぶりますよねw
それですそれです!!自分が言いたかったのそういうことなんすw

一応念の為に言っておきますが、いつもは2階はクリアしないで1階で帰っていますよw
まぐれでクリアした時のSSが残っていたので貼っていただけですよー。

挨拶は何度でもしちゃいましょーよw

今年もどうぞよろしくお願いしますね!!!

Re: No title

腐っていたということですね?


それを匂わせる記述はこの通り落穂拾いの中にありましたよ。

種をまく人たちの体勢を見て、ハッとしました。

これは大便をする時の・・・って年始から何書かすんすか!!!!!




ちなみに、この絵画を現実とリンクさせるとするならば、ミレーについて語らなければならないのですが、ミレーが地球人だったという証明をしているサイトが一つも無いので、確信が得られません。

ミレー=地球人 これを科学的根拠と共に解明していくのが今年の目標となりますね。



Evilさん、ダチョウの卵の喰い過ぎは注意してくださいね。

今年もよろしくお願いします!!

Re: タイトルなし

ぬおおおおおおおおおおお!!!!!!

それええええええええええ!!!!!



なるほど、その子孫が現在のホルグレンという訳っすか。

面白い!!!

そう考えると、あのデストロイヤーはプロンテラの使者やったと・・。

ふけえなぁ!!k先生ふけえわ!!!!!



そういうのもっとちょーだいw



今年もよろしくお願いしますね!!

No title

あけましておめでとうございます。
今年もよろしゅう頼んますわい。

なんだか楽しそうな考察ですな!
わしが気になったのは7つの旗。
ルーンミッドガッツ王国には現国王を擁するゲオルグ家を含め7つの王家がある,という話を(名無しクエの前提で死ぬほどやらされた)歴史学者クエストで見た記憶があります。
双頭の鷲は現在のルーンミッドガッツ王国の国旗=ゲオルグ家の紋章,であるならば,残る6つは他の王家の紋章なのでは? とかなんとか妄想を逞しくしてしまいますわ。
グラヴィティがこの設定を覚えていたら嬉しい限り。

ホルグレン=デストロイヤーの子孫説にはわしも賛同いたします。
ドラクエ1のゆきのふを彷彿とさせるニヤリ感。

Re: No title

えかさんあけましておめでとうございます!

実はというかモロに今回の記事はえかさんを意識していますw
自分考察苦手かもっすわーwww
えかさんの文章の素晴らしさの2%程の出来栄えになりました。

えかさんへのメッセージが伝わったようで何より!!
グラビティはおそらくこの設定をわかっていたと思いますよ。グラビティは!!

ただ、ガンホーがわかっているかは別問題。大問題。でもあまり問題無し。
この壮大なストーリーの裏側ではそれはそれは人間臭い世界が広がっていたのだろうと想像。
でも、ガンホーはそんなことを重視する会社では決して無い!

そこをあえて自分が掘り下げてみるという試みが・・今、失敗に終わった!!

ただ、ホルグレン=デストロイヤー・・かなり好きっすねw
これはそう思える人だけがただただ自己満足できる説としてかなり好きですw

今年もえかさんの文豪の記事・・楽しみにしております!!
よろしくお願いしますね!!!!!!

No title

あけましておめでとうございます。
さすがすぎる考察に正月早々笑がとまりませぬw
イスタンコさんのこういうネタ好きですw

Re: No title

ぞーさん、あけましておめでとうございます!
これが考察なのかは微妙ですがお笑い頂けたならなによりです!
今年もどうぞよろしくお願いしますね!!
本体は刀です
めけさんありがとう!
プロフィール

イスタンコ

Author:イスタンコ
関西のリーマン。日々のROの雑記。
ソロでETに挑戦中。

当ブログはリンクフリーです。
お知らせ頂いた方にはこちらからもリンクを貼らせて頂きます。
こちらからリンクを先に貼らせて頂くことは恐れ多くてなかなかできませんが、気軽にお知らせください。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ(記事が古い順)
カテゴリ
リンク
FC2ランキング
ここより面白いBlogが盛りだくさん!     是非とも見に行ってや!!           ↓       
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。